介護士の仕事の悩み.com » 外壁塗装と山形県

外壁塗装と山形県

豪雪地帯である山形県では、冬になると、外壁業者さんの仕事は雪下ろしに変わるところが多くあります。昼になっても降り続き、また、天気がよい日があっても、気温が上がらず、雪は溶けないで固まってしまいますので、よけいにおろすのが大変になってきます。

天気予報などをチェックしながら、依頼主と雪下ろしのスケジュールを立てたり、屋根や外壁の状態によっては、早急に下ろさないと雪の重さでつぶれてしまいそうな住宅も冬によっては出てきます。

このような状態で、山形では、冬の外壁塗装はあまり行われません。雪が降る日が一日でもあれば、それが積もることは充分に予測できますし、一日で終わる塗装というのは滅多にありません。

近年までは確かにモルタルが多かったものの、最近ではサイデイングも多く用いられています。

しかし、サイデイングでも凍害は起こりやすく、常に住人がチェックしておかなければ、被害は広まるばかりになってしまいます。

サイデイングのメンテナンスにおいて大切なのは、板間や、サッシなどの取り合い部分に使用されているシーリング材の改修です。

この部分にはよく隙間ができますし、シーリング材の表面にヒビが出てきた場合は、早めの対応が大切です。その他にも、塗装の膜が痛めば雨の浸水や水の吸収が心配です。冬の間中、水分は凍り、サイデイングをも破壊しかねません。

吸水したり、あるいは乾燥を繰り返すと、基材を痛めてしまうばかりではなく、板が反り返ることにもつながってきますので、サイデイングでは早め早めの対処をすることが大切です。

またモルタルの場合は、その表面にチョーキングが起こったり、藻やカビなどがつきやすいため、やはり表面の塗装は定期的に実施されなければ、痛みが早くなってきます。

やはりヒビ割れが目立ってきたら、早めに塗装などの対処をすべきと言えます。サッシ周りにある柱などもよく腐蝕しますが、定期的に塗装をすることで、耐久性はかなり長くなってきます。

スチームファーストの最新の口コミをお見せします