介護士の仕事の悩み.com » フットケアの外来について

フットケアの外来について

「糖尿病合併症管理料」が新設されたということもあってフットケアは糖尿病と併設されて糖尿病患者を対象にしているところが多いようです。

糖尿病という病気の合併症には、神経障害、動脈硬化症、網膜障害、腎障害等などがあります。糖尿病のある方は「糖尿病足病変」にかかる人が増えています。

神経障害によって足の感覚が御麻痺して、足にできた傷に気づかず傷が悪化してしまったり、その傷がもとで感染症をおこしたりします。

足に起きる様々なトラブルをどこに相談すればいのかな困っている方も多かったのではないでしょうか。フットケア外来のある病院で相談することができるようになりました。

フットケアの窓口は予約制のところが多いので自分のスケジュールに合わせて受診というわけにはいきませんが、専門の窓口ができたことは糖尿病治療に加えて足のトラブルをよりきめ細かい治療と相談を受けることができるようになりました。

爪の正しい切り方、陥入爪、たこ、魚の目などの治療から自宅でできる足の観察の仕方、また歩く時の靴の相談などもフットケア通信講座を受講した生徒が丁寧に専門のフットケアワーカーが指導してくれます。

特定医療法人仁真会 白鷺病院
大阪市東住吉区杭全7-11-23
06-6714-1661
フットケア外来

市立豊中病院
〒560-8565 豊中市柴原町4丁目14番1号
電話:06-6843-0101
フットケア外来
対象者:糖尿病患者さん
フットウェア外来
靴の指導とインソール作成

大阪府済生会 富田林病院
〒584-0082 大阪府富田林向陽台1-3-36
電話:0721-29-1121(代表)
フットケア外来開設しました
対象者:糖尿病患者さん
皮膚科受診後にフットケア外来の診察予約をする

医真会総合クリニックス
〒581-0036
大阪府八尾市沼1丁目68―64
TEL:072-948-0708  
フットケア外来
完全予約制
曜日:火曜日・木曜日  
時間:午後2時~3時30分
対象者:糖尿病がある方