介護士の仕事の悩み.com » S・I住宅相性

S・I住宅相性

基本的には高い耐久力を持った骨格が用意されて、そこに中身を付けていくということになります。

ですから、建物自体の耐久性はとても高くなっていて、さらに、その中での内装の改変は比較的容易にできるということになります。

また、スケルトン状態のときから水回りの配管にある程度のか変性を持たせることが出来れば、リノベーションにおいてはなかなか難しいと言われる水回りの移動も可能になります。

また、S・I住宅はその構造から非常に耐久性が高くなっていますから、使い捨ての住宅ではなく、最初からリノベーションを見越した、長く住んでいく住宅ということが言えます。

S・I住宅は具体的なリノベーションプランがいまはないが将来的にリノベーションをしていきたいという人にもぴったりの物件です。

S・I住宅はライフスタイルの変化に合わせて、一般的な住宅と比べてかなり簡単に、そして幅を持ったリノベーションが可能になっています。

いままでは使い捨てが多かった住宅ですが、S・I住宅の登場で永住住宅という考えが広まっていくでしょう。