介護士の仕事の悩み.com » 接骨院とランナー膝

接骨院とランナー膝

ランナー膝とは、その名の通りにランニングによるスポーツ障害の1つですが、膝の関節周辺に起こる痛みの疾患です。

長距離を走ると膝の関節にはたくさんの衝撃が加わりますが、これに屈伸、捻りなどの動作が入ると、膝関節の靭帯や軟骨などにも影響が起こることがあります。ですのでジョギングをされる方もある程度注意しなければならない症状です。

ランニングしている時に膝に痛みを感じたら、すぐに走行をストップし、治療院を受診することが大切です。損傷の程度にもよりますが、放置するのはよくありません。

一般的に予防策として効果があるとされているのは、ウォーミングアップをしっかりとこなすこと、またできるだけ走りやすいコースを選ぶことなどがあります。

坂道、下り坂などを無理に走ると、誰でも膝は痛みますので、できるだけ痛みが起こりにくいところから徐々に発展させていくようにするのが大切です。

接骨院での治療ではまず安静をとります。その他には電気療法、グローブ治療やマッサージ、パーソナルストレッチなども用いられます。

応急処置も忘れてはなりません。基本としてRISEが適用できる症状ですので、安静とアイシング、包帯などでの圧迫とできるだけ高い位置に固定することをしっかりと行い、痛みが安定してきたら受診するのがよい方法です。

リハビリではハムストリングや大腿四頭筋をストレッチし、膝蓋骨を内側に引っ張るための内側広筋や内転筋などのトレーニングを用います。また筋力ダウンが気になる方の場合は、エアロバイクや水泳などで筋力を維持することができます。

また、ランナー膝はジャンプやターンなどの足腰を基本とするアクションをする方にも起こることがあります。このような場合は靴のかかとの減り方によく注目するとフォーム矯正のために好材料となります。

歩くだけの靴でも内側か外側に偏っているとインソールなどを用います。フォーム矯正はあらゆる怪我の防止に大切な策です。