介護士の仕事の悩み.com » リノベーションのやり方

リノベーションのやり方

リフォームと同じように家や部屋を綺麗にすることができるリノベーションはリフォームと違った特徴を使い理想の物を作ることができます。

この工事を行う際、最大の注目点は土台となる物件です。この物件選びが重要になります。敷地内の広さ、間取り、部屋数により様々なリノベーションをすることができます。物件が全ての土台となるのです。

これを適当にしてしまうと、どんなにお金をかけて工事をしても結局、その枠でしか作ることができずに満足のいく住空間が作れません。

次に理想となる部屋、家をどのようにするかを考えます。部屋全体、家全体の設計図をスケルトン状態にします。スケルトンとは骨です。要するに家の骨組みを調べることから設計を考えてきます。

スケルトン状態にすることで最大どのくらいまで設備を増設することができるかを知ることができます。リフォームとは違いリノベーションは部屋の破壊を極力しないようにして製作します。

限られた場所でどれだけ自分の理想に近づかせることができるかが重要です。だからスケルトン状態を把握してどのように製作するかが大切です。