介護士の仕事の悩み.com » 骨盤のストレッチについて

骨盤のストレッチについて

上半身と下半身の境目に、骨盤は存在します。そのため、この骨盤に負荷がかかると、体全体に様々な影響が出ます。例えば、バランスが崩れると、体に歪みが生じやすくなりますし、骨盤の上に内蔵が収まっていることから、胃腸関係の不調にも関係のある可能性があります。

骨盤を整えることは、体調を整えるために重要であると言えます。骨盤を自分で整えるには、自分で行えるストレッチや中川式ストレッチングベンチが有効です。

ここでは自分で行える骨盤のストレッチを紹介していきたいと思います。まず床に、横になり、天井を見上げて、両手を上に伸ばします。

かかとを曲げ、体全体を縦に引っ張るイメージ。気持よく伸びるポイントで2,3秒保ちましょう。次に、横になった状態で、自分の一番楽な体勢になりましょう。その状態で体を伸ばし、上体をほぐしてゆきます。

上体をほぐせたら、足裏同士をつけて、膝を曲げ、しばらく保ちます。そしてもう一度、自分の一番楽な体勢になって、伸ばします。ここまでのストレッチで、骨盤の歪んだ状態をリセットすることができます。

続けて、両膝を立てます。そして、右左どちらでも構わないので、片膝にもう片方の膝を乗せてください。最後は再び、自分の楽な体勢の伸びを行いましょう。この一連のストレッチによって、骨盤位置を正し、改善を図りやすくなります。

実は骨盤のストレッチを行うことによって、ダイエット効果を得る可能性があります。そう言える理由としては、まず一つ目に、骨盤のストレッチが体のバランスを整え、猫背などが改善し、姿勢が良くなることで綺麗な体のラインができやすくなるからです。

猫背の場合、背中が丸まった状態ですので、通常よりも筋肉の疲労が強くなります。これが改善すると、体自体を動かしやすくなりますから、運動もしやすくなると思います。

結果として、見た目からも運動の快適さからもダイエット効果が期待できるのです。また、内蔵の調子が改善し、体の代謝が良くなって痩せやすくなることも期待できるでしょう。