介護士の仕事の悩み.com » お酒と健康

お酒と健康

お酒は身体に悪影響を与えるものというイメージが強いという方は多いかと思いますが、古い言葉に酒は百薬の長という言葉があるくらい健康に良い飲み物という説があります。

あくまで飲むことで身体に害を与える理由は適量以上の量を飲んでいるからであって適量さえ守っていれば様々な健康効果を期待できるのだそうです。ではお酒を飲むことによって身体にどのような変化が表れるのでしょうか。

大量に飲むと心臓などに負担を掛けることになりますが、少量であれば心臓に負担を掛けることはありません。

むしろ適量のアルコールは心肺機能に負担を掛ける原因にもなる精神ストレスを和らげて心を落ち着かせる事が出来ます。種類によっては含まれている成分によって様々な病気の予防にも役立てる事が出来ます。

例えば赤ワインはポリフェノールが多く含まれていることで知られており、動脈硬化やがんを予防する事が出来ますし、白ワインは強い殺菌効果によって食中毒を防ぐ事が出来ます。

ワイン以外でもビールには美肌効果や更年期障害の改善にも役立てる事が出来るそうで、健康はもちろん美容にも効果を発揮するそうです。

身体に悪影響を与えるのは多量に飲みすぎるからで、飲む方の多くは適量をオーバーさせてしまうためせっかくの身体に良い効果も無駄にしてしまうのだそうです。

多量のアルコールは肝臓障害や十二指腸潰瘍、糖尿病に心臓病など全て挙げればキリがない位の病気の原因になりますし、ひどいものになるとアルコール中毒になってしまいそれこそ人生が滅茶苦茶になる事もあります。

飲むことは決して健康に悪いことばかりというわけではありません。適量さえ守る事が出来ればむしろ積極的に飲んだほうが健康に良いといえるので、これから飲むときは夕食時に適量だけ飲むように心がけ、決して飲まれないように自制心を持ちながら楽しんでください。