介護士の仕事の悩み.com » 五十肩と整形外科

五十肩と整形外科

五十肩に対する整形外科の対応を簡単に説明した場合、五十肩はほとんどが手術まで必要な病気ではなく、また整形外科ではきわめて大切な処置をするケースは無い、ということになります。

外科的に、五十肩は50歳代の方に多く発症し、またその病態自体は多彩ですが、肩の関節を構成している骨や軟骨、靭帯や腱などの組織が老化すると、肩の周囲に炎症が起こり、またその動きをよくするための組織が癒着することで症状は悪化する、と解釈されます。

主な症状は、関節の動きが悪くなる、つまり運動制限が起こります。動かそうとすると痛みが起こり、このことで動かさない状態が続くと、ますます動きが悪くなり、日常の些細な動作も過敏になって、億劫になりがちです。

また夜間痛もあり、夜中にズキズキと痛みが憎悪します。診断法については、圧痛のある部位、またその部位の動きの状態などから診断をつけますが、肩におこる痛みは五十肩だけではなく、上腕二頭筋長頭腱炎や石灰沈着性腱板炎、肩腱板断裂などでも起こりますので、レントゲンや造影、またMRIや超音波などを用いて区別されます。

また治療法については、自然経過で治ることが前提となりますが、その間に関節の癒着を防ぐための予防処置が必要になります。しかし急性期では安静が第一です。

三角巾などで安静を保つことが理想です。その他、痛みには消炎鎮痛剤を投与したり、注射も使用します。安静期間を大事にとったあとは、理学療法を用いながらリハビリを徹底していきます。また整形外科での最終手段として、手術、主に関節鏡を使用した方法が採られることもあります。

肩関節の可動域を徐々に広げるための運動療法の指導も欠かせません。医師とよく相談し、完治に向けて積極的に答えていくのが理想的な整形外科での治療です。

また五十肩は入院治療はまずあり得ませんので、自宅などでの温熱、そして医師にアドバイスされた運動を用いていくことが常です。