介護士の仕事の悩み.com » 整体と肉離れ

整体と肉離れ

肉離れは運動中、スポーツをしている方がよく起こすもので、スポーツ障害とも言われます。様々な動作をしているうちに、筋肉が過度に引き伸ばされて切れてしまうものです。

筋肉はゴムのようなものですので、そのゴムが引っ張られて切れてしまうのと同じです。特に準備体操を怠って激しいアクションを繰りかえしたり、運動不足の方がたまにスポーツに興じてみたり、またはダッシュなどの激しい動作を意識しないでした場合も危険です。

この痛みが起こったらすぐに患部を冷すことが大切です。氷を入れた袋、アイスノンなどを用いて冷し、患部をできるだけ動かさないようにして炎症が引くのを待ちます。

治療も必ず受けなければなりません。テーピングで固定する方法や、整体の手技を組み合わせたり、また超音波で筋肉をほぐしていくための治療法などが多く用いられています。

整体ではこれらの方法を組み合わせてできるだけ早期に回復をし、また運動に復帰できるように調整をします。肉離れが起こるのは筋肉の硬さが原因ですので、じっくりとほぐしてから復帰することが大切です。運動不足の方はやはりより注意が必要です。

起こりやすい部位は、ふくらはぎや太腿の裏側の部分です。ふくらはぎの場合はまた、中高年の方がレクレーションで行うようなランニングやテニスでも頻発します。

また高齢者の場合はウォーキングの最中に起こる場合もあります。特に坂道、階段や砂利道のようなところは危険です。

起こした直後はそれほどでなくても、徐々に赤くなって腫れも持ちますので、できるだけ早期に整体などでのケアが大切です。筋肉がかなり緊張を起こしていますので、痛みはやはり強くなりがちです。

血行が悪化してしまうとそれだけ治癒も遅れます。傷口がくっついたらその状態で筋肉が緩み、関節の動きも制限されないようになっているのが理想です。

日常生活にも大きな支障をもたらしますので、整体などでリハビリをできるだけ多用して完治させることが重要です。