介護士の仕事の悩み.com » 肩こりに効く神経ブロック注射

肩こりに効く神経ブロック注射

肩こりが酷いと何かと集中できないものです。それを治す方法としてはトリガーポイント注射というものがありますが、他にも神経ブロック注射というものがあります。

今回は神経ブロック注射について紹介したいと思います。この注射はその言葉通り、痛みを感じている神経をブロックしてしまって、痛みを感じなくするという注射です。

では、どのように痛みを感じる神経をブロックしていくのでしょうか。その方法は、注射を使って、コリの原因となってしまっている部分に局部麻酔薬を注入するというものです。麻酔薬が効いている間は当然のことながら、今まで感じていた痛みは消えています。

しかし、麻酔はずっと効果があるわけではないので、ある程度の時間が経過すると麻酔が切れてしまって痛みが再発することがあります。

そのような時には、炎症を抑えて、痛みがおきにくくしていくことをしなければなりません。そのためにも間隔をとって神経ブロック注射を再度行なっていきます。このように聞くと神経ブロック注射はその時にだけしか効果がなくて、短時間のうちしか痛みが解消されないものだと考えてしまう人もいることでしょう。

しかし、そのようなことはないのです。実際には、継続的に神経ブロック注射を行なっていくことで、肩こりによって引き起こされていた痛みは徐々に改善していきます。しかし、誰もが痛みが改善されるわけではないのです。

ひどい肩こりを解消するために、この手段は用いられるので、ブロック注射をしたとしても完全に完治できないときもあります。ただ、酷い痛みがある肩こりを抱えている人には、この治療はとても期待できることは間違いありません。

この治療法は交感神経を休ませることができるので、とても体にとって良い効果が期待できる治療法だと認知されています。神経に麻酔を注射するということに恐れず、医師と話をしてみてください。