介護士の仕事の悩み.com » 頚椎ヘルニアの検査法

頚椎ヘルニアの検査法

まず、頚椎ヘルニアの検査を受ける場合、最初に重要視され受ける検査は問診です。腱反射異常や知覚障害、筋力低下の検査を行いどこの箇所のどの神経が傷ついているのかを調べます。

その後、レントゲン撮影で骨格の状態を写し、ずれやぐらつきがあるかという不安定性や骨棘があるか、椎間板が磨り減ったり潰れたりはしていないかといった頚椎の状態を見ます。

この問診とレントゲン写真にて大体の結果が出され、頚椎ヘルニアの治療法が判断されますが、より鮮明な症状や病状を検査するためにはMRI(核磁気共鳴画像法)を使用して体内の状態を確認することが可能です。

大体のものはこのMRIを行うことで決定的な診断をだすことが可能になりますが、症例によっては頚椎ヘルニア以外に、脊椎腫瘍、脊髄腫瘍との見極めが必要となる場合もあるので鑑別には医師も細心の注意が必要とされます。

頚椎ヘルニアは悪化すると日常生活ままならないことになる場合もあるので、問診で症状を伝える時は出来るだけ詳しく、細かな症状まで医師に説明をしましょう。

その問診を元に判断されていくので問診はどの病気においてもとても大事になります。 問診でまず伝えるべきことは、頚椎ヘルニアの症状が起こっている部位や範囲です。

首や肩、腕から手、指先のみとうように漠然とした部位ではなく少しでも症状を感じた部位を全て伝えて下さい。そしてその部位にどのような症状が発症しているのかを伝えましょう。

頚椎ヘルニアによる痺れや痛みがどのような間隔でくるのか、どのような動きをした時に一番激しく感じるかなどの情報が必要になります。分かるようなら電気が走るようなビリビリした痛み、感覚がなくなる程の痺れなど、痛みや痺れの性質も伝えて下さい。

それと同時に頚椎ヘルニアの症状が発症し始めたのはいつ頃からなのかということ、痛みは増しているのかまたは軽くなっているのか、そうなるきっかけは何だったのかを伝えることも大事なので症状が表れたら何かに記しておくと検査の時に役に立ちます。