介護士の仕事の悩み.com » ローンについて

ローンについて

マンションであっても一戸建てであっても、新築物件ならば、わりと簡単に住宅ローンが組めます。

中古物件も同じようにローンを組むことが出来るのですが、リフォーム資金についてはよく考える必要があります。

新築物件と違い中古物件はリフォーム済物件を購入しない限り、現状のまま購入した場合、なんらかの手を加えて住むことになるのです。

中古物件を購入してリノベーションすれば、自分の理想の住居に住むことが出来るわけです。

しかし、そのようなリノベーションをして住みたいと思っていても、購入資金とは別に多大な金額が必要になってきます。そうすると今まではローンが組めないことが多かったのです。

ですから、中古物件を購入した場合、リフォームやリノベーション用の資金として現金を用意しておかなければならず、その用意ができない場合は、諦めるしかありませんでした。

従来のリフォームローンでは、何年か住んでから後でないとリフォームと認められずローンが組めないという条件がありました。

しかし、最近のリノベーション用のローンであれば、物件購入時にリノベーション費用を含めてローンを組むことができます。

リノベーション用途においては若干の条件の違いもありますので、よく調べてから自分の物件や購入しようとする中古物件に適合するのかどうか確認しましょう。

リノベーション用のローンはエコリフォームなどの需要の高まりから、各金融機関も積極的にキャンペーンを出しています。お取引状況に応じてローン金利を割り引くなどのサービスが打ち出されています。

金融機関としても貸すことが仕事なのですから、需要が見込める分野の人にたくさん借りてもらいたいわけですので、リノベーションやエコリフォームに対しての取り扱いを徐々に増やしつつあるわけです。

このような背景を十分に考えながら、リノベーションローンを利用してください。