介護士の仕事の悩み.com » 給料について

介護士と給料の問題

介護士の悩みの大きな原因の一つに、お給料の低さがあります。人手不足であるなら賃金を上げればいいという話もありますが、介護士の場合その給与は保険から出されているため、なかなか上げることができないというのが実態のようです。

この保険報酬の中から、施設の維持費やオムツ代などの諸費用も出さなければならず、こちらは外注や商品の購入になるのでなかなか調整がききません。

このようなサービスの維持費は毎月ほぼ固定となるため、経営を保つために人件費で調整するということも多いのです。結果、人を減らしたり給与を低く抑えることで対応するということになってしまいます。

介護士と一言でいってもその職業形態はさまざまありますが、その中のいくつかの例をご紹介します。低いところで年収200万程度、施設管理やケースワーカーなど資格を持ってなおかつ管理関係の職種の人であれば年収500万程度という場合もあるようです。

月収で言えば、管理職を除いた一般の場合には平均月収で15~20万くらいの場合が多いようです。ただしどの職種でもたいがい残業はありますし、管理職のほうが残業は多くなることが多いです。また、終業時間後まで残ってもサービス残業になってしまい給与がつかないという場合も多いと聞きます。

ここでは大雑把に職種別で出しましたが、実際には同じ資格を持って働いていても、就職した施設の形態や規模によっても変わってきます。規模が大きかったり、利用者が多ければその分だけ収入が増えるからです。

これらの賃金の低さを改善するには、国が動く必要があるでしょう。さきほど軽く述べましたが、老人ホーム側の収入が保険から出ているので、これが変わらない限り給与を大きく上げることができないのです。

また他にもなかなか給料が上がらない理由として、介護士は専門職であるのですが、それを理解されておらず、そういった面からも、人件費の向上がなかなか望めないということもあります。