介護士の仕事の悩み.com » 腰痛と産後、日常のケア

腰痛と産後、日常のケア

女性の身体が思春期の変化よりも増して変わるのが妊娠期です。またこの時期は様々な障害も起こり得ますが、その中でも多いのが腰痛です。

妊娠中はリラキシンという女性ホルモンが分泌することで身体は緩んできます。特に骨盤という骨が出産に備えて緩みますが、お腹が大きくなるとどうしてもバランスが不安定になります。

出産直後はもっとも骨盤が不安定な時期です。またこの頃から育児を始めますので、腰に負担をかけがちです。日常のケアとして大切なのは、まず妊娠ベルトを着用して腰を安定させることです。

家事や買い物など、赤ちゃんを抱いたまま色々な姿勢を強いられますが、左右のどちらかに常に偏ってしまうと、腰にも骨盤にも大きな影響が出ますし、赤ちゃんをしっかると守るためにもよい状態ではありません。

骨盤矯正ベルトと呼ばれるベルトを使用すると、骨盤から腰の部位までをしっかりとカバーできます。またこの状態に慣れてしまうのもよくありません。

出産後は長い期間赤ちゃんを抱いていなければなりませんが、正しい姿勢をしながら筋力トレーニングを続けることも大切です。

また産後の約半年間は、身体がとてもやわらかく、ダイエットなどにも効果が出やすい時期です。この時期に骨盤を自然な状態にもどし、内臓の降下を予防するとともに、妊娠前よりもスリムアップできたという方も多くいらっしゃいます。

尿漏れや失禁、痔や腰痛、恥骨の痛みなど、幅広い変化が現実化する可能性が高いため、骨盤の形をもとの状態に戻すことは必須です。

無理をしないで調整することで、妊娠前よりも使いやすい身体を作るためには、ヨガなども効果があります。自律神経を調整し、手足の痛みやしびれなども解消することができます。

出産の辛さから、女性の体は不便だ、などという方もいらっしゃいますが、しなやかな分とても使いやすいとも言えます。

女性のほうが男性よりも長生きです。様々なメリットを生かして元気な状態を維持するのが理想です。