介護士の仕事の悩み.com » 人間関係について

介護士の人間関係

介護士の大きな悩みに、人間関係があります。利用者とのやり取りもありますし、同僚とうまくいかないという問題を抱える人もいます。

利用者との間におこるものとしては、身体が動かないストレスや、認知症のために判断力が落ちているなどの理由で、無茶な要求をされたり、同じことを何度も言われてしまったりします。

また単純に、性格的な相性の問題で合わないということもあります。イライラしてつい口調が尖ってしまったり、態度が冷たくなってしまうなどのことで悩んでいる介護士の話も良く聞きます。

このようなことが続いて自己嫌悪に陥り、介護士を続けていく自信がなくなって離職してしまうというケースもあります。

こういったことは仲間内で話し合ったり相談ができれば多少は軽くなるのですが、あまり人数も多くない職場で性格の合わない人が多いということになると、それもなかなかできない場合があります。

また、人手不足で忙しく動き回ることや、休憩時間を一斉に取ることができないなどの理由で仲良くなるなどという以前に申し送り以外の話をする機会が少ないという施設もあります。

このように忙しいところですと終わった後もすぐに帰ってゆっくり休みたいという気持ちになるため、また、勤務終了時間のずれもあったりして、勤務時間外で交流を深める機会も少なくなります。

ホームヘルパーの場合には基本的には1人で訪問先に向かうことになるので、同じホームヘルパーと会うこと自体が少なく、相談のできる相手がいないまま抱え込んでしまうこともあります。

ケアマネージャーやケースワーカーとは打ち合わせで会うこともありますが、根本的には業務内容が違うので、このような問題を話しても理解してもらえないということもあります。

このように様々な事情が重なり、現場の人間関係に悩む介護士は多いのです。中には同じ職種の集まりなどを企画している自治体や、個人で横のつながりを作っているところもありますので、抱え込み過ぎる前に、そういったところに行ってみるのも良いでしょう。

また、終活に関するご相談などもあれば、各自治体などでも請け負ってくれていますので、そちらに一度相談することをお勧め致します。