介護士の仕事の悩み.com » 腰痛のコルセットとヘルニア

腰痛のコルセットとヘルニア

腰椎の椎間板ヘルニアの治療にも腰痛コルセットは有用です。特にその急性期には腰痛コルセットが大きな意味を持ちます。

激しい痛みが続くため、腰の動きを制限し、動作するために筋肉の役目を果たすのものです。しかし、急性期では日常生活をサポートするためにとても便利に思えるものであっても、慢性期に近づいてくれば、装着していればいい、というものではありません。

腰部の筋肉は使用いていないと弱ってきてしまいますので、痛みが無い場合ははずしてリハビリに勤めなければなりません。装着している時間が長いほど、腰痛やヘルニアを改善させるために要する時間も長く必要になってきてしまいます。

ヘルニアでは坐骨神経痛が起こる場合がほとんどです。突出してしまった椎間板が坐骨神経に触れると、太股やふくらはぎなどが痛んだり、しびれたりします。このことで日常生活はよりしずらくなります。しかし慢性期を迎えれば、痛みも軽減されてきます。

痛みが小さくなってきたら、装着するのは立ち仕事や座り仕事の間だけ、と考えるのが得策です。寝る時やリハビリする時以外にも、それほど腰に負担がかからない場合には装着しないほうがいいと思います。

ヘルニアの大敵は実は腰を使わないこと、とも言えます。腹筋や背筋を使わなければ、背骨をサポートする力をいつまで経っても改善することができなくなり、痛みがまったくなくなる回復期に入って、外した後ですぐにまた腰痛が出てくるようなことも考えられます。

また、腰痛が改善してくるにつれて種類を変更してできるだけ筋肉を使うようにすることも大切です。

始めのうちは腰部全体を守るような種類のものを装着して、徐々に骨盤だけのタイプ、やわらかめのタイプ、というようなアレンジをすることで生活する上で必要な筋肉を使っていくことが必要です。

コルセットをしていると、動きも鈍くなりがちですので、正常な動作姿勢を意識しておくのも大切です。