介護士の仕事の悩み.com » 頚椎ヘルニアとゴルフ

頚椎ヘルニアとゴルフ

頚椎ヘルニアはゴルフをしすぎると発症する場合があります。頚椎ヘルニアはゴルフと関連が深いと言われています。ゴルフとはスイングするスポーツです。

重いクラブを持ってそれを振り回しますが、首にも大きな負担がかかりがちです。また一度その面白さを体験するとなかなか止められるものではない、という方は多いですが、頚椎ヘルニアが治りきっていない状態でプレイするのは絶対にお勧めできません。

完治するまでは何があってもクラブを握らない、このような決意が必要です。また、頚椎ヘルニアはプロゴルファーの方でも発症する方が多いため、うまい下手はあまり関係がないとも言われています。

プロの方でもクラブを握って振りぬくと、ダフることもあります。つまり地面にクラブを突いてしまうのですが、この動作はかなり首に負担をかけがちです。

ミスショットはアマチュアの方には特に多いですので、できればプロの指導を受けたり、常日頃から上達への対策を講じておくことも大切です。

またリハビリも大切です。特に筋肉を強化することで、ゴルフによる負担を軽減させれば、多少のプレイでも支障が無いくらいに改善することもしばしばです。腹筋や背筋などを鍛えれば、練習場に言って打ちっぱなし程度であればほとんど影響が無い、という医師もいます。

症状がある場合にはできるだけ首を動かさないようにするのが大切です。このためにはコルセットが有用です。また症状が軽快してきたとわかったら、首まわりの筋力を付けるようにします。このことは再発予防にも効果があります。

重い頭を支えるためには、常に首の筋肉はしっかりとしていなければなりません。またストレッチもいいのではないか、と考える方は多いですが、ストレッチは首にはあまり効果が無い場合も多く、その代わりとしては牽引があります。

頚椎ヘルニアの症状を緩和させるために、入院して牽引を用いる場合もあります。その他にはよく症状が軽快したら首を肩凝りのときのように思いっきり回す方がいらっしゃいますが、これも逆効果です。