介護士の仕事の悩み.com » フルリノベーション

フルリノベーション

フルリノベーションといえば、内装すべてを解体してから改装するために、大規模ではあるけれども大変自由度の高いリノベーションです。

「フル」とついていることからわかるように、できる限りすべてのリノベーションを実施しようとするところに、規模の大きさが伺いしれるでしょう。

全てと言われてもどの程度の規模になるのかよくわからない、と言う方は「リノベーション費用を匿名無料で比較検討できる~リノベーション費用見積比較ナビ~全国対応~」などのリノベーション情報サイトで、実際のリノベーションの施工例を見るといいでしょう。

間取りそのものがごっそりと移動したり、水周りも完全に新しく作り替えることもあります。結局のところフルリノベーションというのは、リノベーションによって、全く新しいものを作りだすのと同じことであると言えます。

築年数が古くなるにつれて経年劣化が進んできますので、同じようなリノベーションをするにしても、一般的には古くなるにつれて、費用は多くなりますが、古ければ古いほどリノベーションを行うことによって、劇的な変化を楽しむことができるでしょう。

見えない部分では室内の配管の取替えなども重要です。配管は建物より寿命が短いので、耐用年数が終わるまでに数回は取替えすることがよいのですが、築30年以上の物件になると、そのような発想で作られた配管は皆無です。

ですので、リノベーション時に取替えする、というのが一番無駄のない作業となります。この時点で給排水設備を一新しておけばさらに数十年は腐食等の心配はないでしょう。

リノベーションは都市の建物の有効活用になるということも、明記しておきましょう。都市では住宅が密集し最終的には商業地域では雑居ビルになってしまい、美観を損なうような建物がところ狭しと並んでいることがあります。

このようなビル・マンションでも、フルリノベーションを利用することで、大規模な建て替えを実施せずとも、躯体を有効活用することで、新築同様の建物に再生することができるようです。

そうすれば、産業廃棄物の排出量も少なくなりますし、コストでもかなり抑えることができ、環境にも優れた効果があると期待できます。

フルリノベーションは思い切ったことではありますが、やるだけの価値はあると思いますので、検討してみてください。