介護士の仕事の悩み.com » 断食健康法に効果はあるのか

断食健康法に効果はあるのか

数多くある健康法の中には一見すると本当に効果があるのかと思ってしまうものも多くあります。断食健康法もそういった健康法の一つとして知られています。

断食をすることによって胃腸を休ませて不要なエネルギーや老廃物を排出させて健康な身体を作ることができるそうなのですが果たしてこの健康法は本当に身体に良いのでしょうか。

断食といってもいきなり何日も食事や水を摂らないような厳しい断食法は断食が身体によいと主張している人も止めるように指導しています。

あくまで健康のために行うことですから身体に必要以上の負担は掛けないようにしていかなければなりません。断食健康法を行う際は前日から段階的に食事量を減らして身体を慣らしていったり、当日は水分をこまめにとって脱水症状を抑えたりなど身体を労わりつつ行うことが肝心です。

一日何も食べないのが難しいという方は野菜ジュースを飲んだり、朝食を抜いて食事の感覚を18時間空ける半断食でも効果が望めるそうです。

現代人は食生活が非常に恵まれており、毎日胃腸をフル稼働させて不要なエネルギーを溜め込んでしまいがちなのでこうした休憩期間を置くことが健康に繋がると断食健康法を推進している側は主張していますが、

断食反対派は急に食事のリズムを変えることで生活バランスが崩れ逆に体調不良を起こす原因になるなどの意見を掲げておりどちらが正しいかは未だに分かっていません。

こういったどちらかと言うと極端に見えるような健康法は賛成意見と反対意見が大きく分かれ、どちらが正しいかよくも燃えていますが、最終的な判断は自分で下すしかありません。

もっと時間が経てば正しい研究結果が出るかもしれませんがそ野結果が出るのが自分が亡くなった後では遅すぎるので現状出ている意見を見て効果がありそうだと判断したら実際に試してみると良いでしょう。

断食以外の健康法も行かないと重いながらやるのと絶対に効くと信じて行うのとでは信じてやった健康法のほうが効果があると言われているので自分の判断を信じることにしましょう。