介護士の仕事の悩み.com » 脊柱管狭窄症のコルセットの種類

脊柱管狭窄症のコルセットの種類

コルセットはよく使われているもので、弾力性があって日常生活も普通にできるもの。ぎっくり腰や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などに用いられるものです。

硬性コルセットは骨折のときに使うギブスのようなイメージで、プラスチックや金属で作られている、日常生活を過ごすにはなかなか難しく動きが制限される作りなので、手術後の固定や圧迫骨折などに使われるもののようです。

この中間のような作りの脊柱管狭窄症用専用のものがあるようです。軟性コルセットと比べて痛みがより軽くなるみたいだけど、着け心地が良くないのでまずは軟性コルセットを購入。

購入するにあたって注意事項がありました。長時間着けていると、腹筋や背筋の筋肉が落ちることがあるようです。ですので、お医者さんや、リハビリの人と相談しながら着ける時間を決めるように言われました。

コルセットと言っても、様々な用途の商品が出ていて、○○式、○○型、お医者さんのコルセットなんてものまであった。

しばらく長いお付き合いになりそうなので、いくつか試して調子良く生活できるコルセットを選んでもらって、早く普通の生活に戻ってもらいたいなーって思いました。