介護士の仕事の悩み.com » カイロプラクティックの学校

カイロプラクティックの学校

1895年にアメリカのダニエル・デビッド・パーマーによって確立された代替医療のひとつであるカイロプラクティック。WHO(世界保健機関)でも正式に認可されていて、筋骨格系における障害、およびそれが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職であるとWHOでは定義されています。

行われている主な施術内容としては、関節アジャストメントや脊椎マニピュレーションを徒手によって行う治療手法を特徴としています。中でも、特にサブラクセーションが注目されています。

また、WHOはカイロプラクティックを鍼灸などと同等の代替医療であると位置付けています。さらに、2005年に安全で有用なカイロプラクティックの教育を目的とした、「カイロプラクティックの教育と安全性に関するWHOガイドライン(指針)」も発行されています。

日本においてはカイロプラクティックは法制化されていないため、国内に存在するカイロプラクティックの専門学校は、先に挙げた「カイロプラクティックの教育と安全性に関するWHOガイドライン(指針)」に従っているか、外国の大学と教育提携を結び、その大学の単位を日本国内で取得できるようにした学校がほとんどを占めます。

これらの学校で得られる資格の問題点としては、外国の資格として正式に取得することが可能ではあるものの、日本国内では先に述べたとおりカイロプラクティックの資格は法制化されていないために、その資格による権限を行使することができません。

そのため、外国で行える施術と、日本国内で行える施術の内容には、差異があります。また、「カイロプラクティックの教育と安全性に関するWHOガイドライン(指針)」の学校の授業を受けるにあたっては、およそ理系の大学程度の基礎科学の学力が必要とされています。

これは医学を学ぶためにより高度な知識が必要となるためです。しかし、日本国内のカイロプラクティックの専門学校では、高卒レベルで入学が可能な場合もあります。