介護士の仕事の悩み.com » ブロック注射とヘルニア

ブロック注射とヘルニア

ヘルニアのブロック注射は、ヘルニアが原因となって起こっている神経の圧迫による痛みを緩和させるために施術されます。

腰のヘルニアの痛みや、頚椎椎間板ヘルニアの頭痛における症状などでは、交感神経が緊張し続け、血管が収縮を起こして痛みを起こす物質が増大します。

このような悪循環が起こっている場合、痛みがどんどん大きくなってしまう可能性が高く、また対処法としてはブロック注射がもっとも有効であると言われています。

ブロック注射にはいくつか種類がありますが、ヘルニアでは腰部硬膜外ブロックがよく用いられます。この場合、局所麻酔薬を使用しますが、炎症なども強いという場合にはステロイド薬を使用する場合もあります。

エビのように丸くなった状態で横になり、背骨の中心の辺りから注射をします。脊髄の近くの硬膜の外側に麻酔薬を注射しますが、針が硬膜を貫くと髄液が漏れたり、菌が混ざってしまって髄膜炎を起こす場合もあります。

このようにリスクが高い場合は、しっかりとした腕前の医師に施術を受けなければなりません。

もう1つ、よく使用されているのが、仙骨部硬膜外ブロックです。この注射も腰部硬膜外ブロックと同じ場所に麻酔薬を注射しますが、こちらの場合はお尻の先にある仙骨から針を刺します。うつ伏せになって横になり、臀部の割れ目の高い位置から針を刺します。

始めはちょっと恥ずかしいですが、効果があればそんなことは言っていられません。また腰部硬膜外ブロックのように硬膜を貫いてしまうようなリスクはありませんので、より安心感は高い方法です。

また、治療する際の針は細いものを使用するとよく言われますが、腰の注射は深部に至りますので、太いしっかりとしたものを用いるのが常です。つまり痛みもそれだけ大きくなりがちですが、麻酔を打ってから行う場合がほとんどです。

また、ブロック注射は坐骨神経痛などの神経症状にも効果があります。薬物療法よりもはるかに副作用のリスクが低い治療法です。