介護士の仕事の悩み.com » 脊椎すべり症の分類

脊椎すべり症の分類

現代社会において慢性的な腰痛の症状に悩まされている人で、その原因として脊椎すべり症を患っている方を良く見受けられます。このすべり症には大きく分けて脊椎分離すべり症と脊椎変性すべり症の2つが存在します。

分離すべり症とは脊椎骨、いわゆる背骨と背骨同士が結合されている部分が切れてしまい、離れてしまった状態を指します。

これに対し変性すべり症とは脊椎骨の分離はしていなく、背骨と背骨同士の間で緩衝材として働いている椎間板が、老化などにより変性し、背骨の関節が変形してしまった状態を指します。つまりは背骨が連なって脊柱を構成している中で、背骨の一部が前と後ろにずれてしまいます。

この変性すべり症の特徴として、先程述べたように老化が原因となるので高齢者に多いというのはもちろんですが、その中でも女性に多いとされています。

これらの病気ではどちらも主な症状として腰痛が挙げられますが、分離すべり症ではこの腰痛といった自覚症状が起こらない場合があります。これはもし背骨同士を繋ぐ部分が分離してしまっても、その周辺の靭帯や筋肉といった身体の組織が補うからです。

この靭帯や筋肉の機能が十分に強い方はこの補助的な効果によるものが多くなっています。逆にこの機能が弱い方はやはり腰痛の自覚症状を感じるでしょう。

また、どちらも共通して本来あるべきところとは外れて背骨が存在することになるので、脊柱を通る神経を圧迫してしまうケースがあります。このような場合には坐骨神経痛といった症状が現れたることや、足がだるくなること、長時間歩くのが辛くなるといったことが起こります。

また、下肢全体に痛みやしびれを感じた際には脊柱管狭窄症といった症状である可能性が高く、非常に程度として重い段階です。腰痛が激しい場合には椎間板ヘルニアも疑われます。